So-net無料ブログ作成
検索選択

暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 04 [大学時代彼女ができなかった理由]

前回記事
暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 03


さて、今回はテーマは以下です。


3.コミュニケーションが下手。特に好きな女に対して下手。


コミュニケーションというか、アプローチと言った方が良いかもしれない。

簡単に言えば、女との距離を詰め方ですね。


大学時代の俺は、とにかく急だったですね。
唐突だったと言っても良い。
ろくに距離も詰めずに、いきなり告るという感じだったと思います。


全然だめですよ。これ。


要するに、段階を踏んでいないわけです。


段階を踏む。これ、非常に重要です。


ほとんどしゃべったこともないのに、いきなり告るとか本当に全然駄目ですからね。

高校の頃、卒業式の後、好きな女子を呼び出して告るとか、
やってた奴いましたが、ほぼ全滅ですわ。

相手がこちらに対して悪い印象を持ってなくても、
いきなり告ったらまずフラれます。


なぜか・・・?


そういうもんだからです。笑。

ある程度場数を踏めば分かってきます。


実は俺は「いきなり男から告られたら、どう思う?」と、 何人かの女性に聞いたことあるんですよ。

帰ってきた答えは、「怖い」とか「どうしていいか分からない」とか「わけわからない」とか
とにかく散々なんですよね。

男が思ってる以上に、ウケが悪いと思っといた方が良いです。

下手したら、敵対心とか持たれますからね。笑。


よほど男慣れしている女ならともかく、普通の女にとっては
いきなり告られるなんて、ただ「怖い」だけなのかもしれませんね。


男だったら、別に嫌いなタイプでない女からいきなり告られても、
嬉しいというか、とりあえず付き合ってみるという風になりそうですが、
女は違うようです。

ここは男と女の違うところという感じですね。


で、重要なのは何かというと、

段階を踏むことです。


誰かが言っていたことなんですが、
ステップを早く踏むことはできるけど、飛ばすことはできないんです。


例を出せば、

例えば同じ授業を受けている女の子がいて、その子とは全くしゃべったことがないとしますね。
当然、共通の知人もいない。
では、その子にどのようにアプローチするかですが、
まずは軽い感じであいさつから入るわけです。

食堂や帰り道とかでたまたま会ったときに、軽く挨拶する。
「あ、 こんにちは」と、軽く挨拶するところから入るわけです。

明るく行かなきゃだめですよ。


人によっては、初めは無視されるかもしれないですが、
めげてはいけません。

何回か挨拶するうちに、大体、向こうからも挨拶が返ってくるようになります。
すると、次は軽い感じで、他愛もない話題を振る。

例えば、「同じ授業出てますよね?」とか、「あの授業難しくないですか?」とか
何でもいいんですが、軽い感じで、できればYES/NOで応えられるようなネタ
ふりをするわけです。


これで、挨拶のステップを飛ばして、いきなり「同じ授業出てますよね?」って、
入ったらどう思います?

それも後ろから、「あのー、同じ授業出てますよね?」とか声かけちゃったら、
これは、もう結構やばいです。笑。

下手したら、悲鳴あげられますよ。笑。



要するに、少しずつ距離を詰めていくことが重要なんです。


さらにポイントを言えば、軽くです。
ギラついてたり、口説こうというようなオーラが出まくってたら駄目ですね。
暗いのも駄目です。
とにかく明るく、軽くです。

あと、こういうアプローチトークは女と話すのがうまい男のやり方を真似たり、
頭でシュミレートしたりして、いくつか持っておいた方が良いですね。

「あ、こんにちは」と挨拶して、向こうから「こんにちは」と挨拶が返ってきた時に、
次の話題がなかったら、どうしようもないですからね。


と、話が長くなってしまったので、今回はこのくらいにしておきます。


まとめると、女へのアプローチのポイントは、とにかく段階を踏むこと。

そして、明るく軽く行うことです。


次回は、今の俺が大学時代(特に3年生の頃)の俺だったら、
どうするか考えてみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

モテ女 ちはる 14歳下の相手と再婚 息子の親権は元夫 [結婚 親子]

1月4日に放送された『ローカル路線バスの旅』で、
ひさしぶりに、ちはるをみました。


昔から、すごく好きなタイプだったのですが、
40代を超えた現在でも無茶苦茶カワイイ。


ということで、ネットで調べてみたら、あらびっくり。
再婚されていたんですね。


報告!!再婚しました♪


さらに調べていくと、以下のことがわかりました。


・前夫とは結婚2年目からセックスレス。

・前夫(TOKYO No.1 SOUL SET の渡辺俊美)の浮気が原因で離婚
※ 正確には前夫の浮気発覚により、ちはるも浮気をしW不倫の末、離婚。

・前夫との間には19歳の息子がいる。

・19歳の息子がちはるの現在の旦那を好きでないため、親権は前夫が持つ。

・ちはるの現在の旦那は、前夫の後輩。

・前夫の渡辺俊美も18歳年下の女性と再婚。
※参照→Vol.25 結婚


で、感想は・・・・・


モテる奴はいくつになってもモテるんですな!!!!


ということである。


ホント夫婦そろってモテモテですからね。

二人ともあっさりと幸せそうな再婚しているのをみると、
息子が19歳ということもあり、
離婚に悲壮感なんて微塵もないですね。


息子も大きくなったから、お互い好きな人と一緒になりましょう!で、サクッと結婚できるんですからスゴイです。
一般人には真似できません。


一般人の常識や倫理など、
ヘビー級の恋愛強者には全く無意味という感じです。


ああ、俺も来世はモテ男に生まれたい!!




それにしても、ちはるのモテ力は特にすごいですね。


40超えても男にモテる女はそれなりにいると思うんですよ。
40超えてもきれいな人はいますからね。

でも40超えても、若い男から結婚相手に選ばれる女ってのは、
なかなかいないと思います。

しかも14歳下の(写真を見る限り)モテそうな男ですからね。


恋人としてはオッケーでも、結婚相手としてオッケーかどうかは 全く別の話ですからね。


45歳超えてバイト生活の極貧オヤジが、
20代の人気女子と結婚したくらいの離れ業ですな。


ま、ちはるには経済力がありそうだから、
こういうことも可能なのかもしれないですがね。。。


いや、昨日のテレビでちはるを観ましたが、
やっぱり、モテ力が半端ないような気がしますね。


あれは惚れます。


ちはる恐るべしっ!!! 笑
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 03 [大学時代彼女ができなかった理由]

前回記事
暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 02

俺の大学時代の敗因分析における今回のテーマは、


2.出会いの数が足りてなかった。


である。


いかに、出会いの数を増やすか?


これは英語学習におけるボキャブラリーを如何に増やすか?
と同じように、恋愛における永遠のテーマである。

出会いのチャンスさえたくさんあれば、
多少のスペックが低くても何とかなるものである。

そりゃそうである。

単純な例を挙げれば、女を口説けば50%の確率で落とせる男も
年に1回しか出会いのチャンスがなければ、数年間彼女がいない
という状況も起こりえるわけである。

対して、女を口説ける確率が5%の男でも年に数10回の出会いがあれば、
数カ月で彼女ができてもおかしくないわけである。


要は数。


出会いの数こそが一番重要なのである。


では、出会いの数はどうしたら増やせるのだろうか?


女の子と出会えるサークルやバイトに属すことも有力な方法ではある。

しかし、これだけでは数として弱い。


サークルの場合、メンバーの変動は基本1年に1回である。

その時うまい具合に彼女を作れれば良いが、できなかった場合、
次の年に持ち越しである。

また、前回記事にも触れたことだが、サークルやバイトの場合、
特に待ちの姿勢が要求される。

ガツガツ行って、グループの和を乱すようなことは好まれないし、
そういうことをやっていると評判が下がる。

グループ内での評判が下がると、女は世間体を気にするので、
そのグループ内で彼女を作ることはどんどん難しくなる。

サークルやバイトはそこで彼女を作るぞと気合いを入れるより、
グループ内での活動や人間関係を良好にすることに力点を置き、
結果、彼女ができればよいくらいの気持ちでいる方が良いのである。

もちろん、チャンスがあれば行け!


では、その他の出会いはどうするのか?


非常にベタだと思うが、俺はやはりコンパが有力だと思う。

コンパは短期決戦だし、そもそも出会いが欲しいという人間が
集まるイベントである。サークルやバイトは必ずしも出会い目的で
参加している奴ばかりではない。

その点、コンパの名目は出会いなわけであり、目的は明快である。
(もちろん、彼氏付きの女も参加していたりするが。)

コンパでどのようなトークをしていけば良いかは次回以降に書くとして、
本日のポイントは、


如何にコンパに頻繁に参加できるか?


これである。


なんと言っても数。数が重要なのである。


そのために、重要なのが男のネットワークである。

コンパに誘ってもらえる友人関係が非常に重要になってくるわけである。


ここは本当に重要である。


特に理系にとっては生命線と言えるかもしれない。


なぜか?


文系はなんだかんだ言って、周りに女が多い。さらにサークルに参加すれば、
何もしなくても、それなりの女の子と仲良くなるチャンスが多いのである。

ある女の子と仲良くなれば、その友達の女の子とも仲良くなれるわけで、
そこからコンパとかグループで遊びに行くとか色々展開ができる。


対して、理系、特に工学部系は女の比率は10パーセントくらいである。少なく
とも俺の時代(20年くらい前)はそうだった。

周りが男だらけの状態の中で彼女を作ろうと思えば、やはり外に目を向ける
しかない。

そこで最も有力な方法が、コンパであり、男のネットワークなのである。


※余談だが、女の子は理系に進学すれば彼氏できやすいとは思う。工学部では
 ルックス普通レベルの女の子でも姫扱いされるからね。


だから、コンパで彼女を作ると言っても、いきなり女を追いかけるのではなく、
最初はネットワーク形成に注力する方が良い。

ある意味、女ではなく男を追いかけるのだ。


もう少し言えば、女を追いかけるにしてもいきなり彼女をゲットしようというのではなく、
女友達を作るくらいの気持ちで参加するのが良い。女友達を作れば、そこから次の
コンパという風にネットワークを広げていくことができるからである。

男のネットワークはギブアンドテイクなので、自分もコンパを作れるネタは持っておか
なくてはいけない。



そういう意味でも、大学で彼女を作ろうと思えば最初が肝心である

最初の段階で適当なグループに属すことができなければ、男のネットワークを形成
することは難しくなる。

サークル選びや友達作りなど、4月で大体勝負が決まってしまうのである。



ちなみにここで、俺の大学時代を振り返っておこう。


俺は1年目は入ったサークルをすぐ辞めたこともあり、一番大切な時間を無為
に過ごした。はっきり言って、大学生活を舐めていたのだたと思う。

思い直して、2年目にサークルに入ったが、夏休みくらいに告ってフラれた。その
後もサークルに属してはいたが、そこで彼女をみつけることはできなかった。

3年目からは基本1人でサークル以外でどうしたら彼女ができるか試行錯誤を
繰り返していた。

バイトやストリートナンパなどもやってみたが、結局大学時代に彼女はできなかった。


その時の俺の結論は、やはりネットワーク形成が大事ということだった。


そこで、大学院で他大学に進学した際に最初の数カ月ネットワーク形成に励んだ。
かなりテンションを上げて、アクティブに活動した。

すると、紆余曲折はあったが、半年後には自分でもびっくりするほどカワイイ彼女
ができたのである。



翻って、もし今、俺が最ももがいていた大学3年生だったらどうするだろうか?


俺の時代はなかったが、やはりネットをフルに活用すると思うが、この話題は
もう少し後にすることにしようと思う。


次回は、女と話す内容である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。