So-net無料ブログ作成
検索選択
非モテ男の婚活奮戦記 ブログトップ
前の3件 | -

ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 06 [非モテ男の婚活奮戦記]

前回記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 05


今回はまとめ。


8年間の婚活の末に結婚した友人の話を長々と書いてきたが、
今回はその要点をまとめたいと思う。


1.とにかく、まず容姿


カッコ良くなれとはいわないが、
異性からみて最低限度の外見はクリアしないと、
恋愛も婚活も非常に苦しい。


本当に苦しい。


ここをトークやコミュ力あるいは性格で挽回するのは、 至難の業です。


外見を良くするのは、
トークやコミュ力を磨くより簡単ですから、
変なこだわりは持たずに、服や髪形を見直す。


そして、ダイエットしましょう!


特に30代になって代謝が下がって太ってきたメタボ男には、
ダイエットは必須だし、効果大です。


婚活男の婚活をみていても、
ダイエットと婚活の成果は綺麗にリンクしています。



2.コミュ力向上は焦らず、しかし着実に


容姿と共に重要なのが、異性とのコミュ力。


目指すべきは、

まず異性とナチュラルなテンションで会話できるようになること。

まずはここです。


口説くとかそういうのは、もっと後。
普通にというか、相手が楽しめるような会話の引き出しを持つというか、
とにかく異性との会話に慣れることです。


実は婚活男は婚活6年目くらいから、
料理教室にも通い始めりしていた。


彼はゲーマーで料理教室なんて縁のない男なのだが、
良いコミュニケーションの訓練になったのかもしれません。



3 とにかく継続、あきらめない


婚活男のすごいところは、とにかく行動し続けたこと。
目標を決してあきらめなかったことにある。


でもただ同じことを続けるだけでは、つらいです。


行き詰ったら何か変えて、また継続する。
ちょっと変えてみるわけです。


何度も書きますが、
恋愛は少しの変化が結果として大きな差を生みだします。

少しの変化が重要なのです。


少し工夫して、また続ける。
継続、そしてネバーギブアップが重要です。



4.基本です。


最低限の容姿と、ナチュラルなテンションで異性と会話を弾ませられることは、 とにかく基本なのです。


基本。


もともと容姿に特に問題がなく、
異性との会話を弾ませられるのなら。


つまりここでいう基本ができているのなら。


あとは出会いの数と、
多少のテクニックを駆使すれば、
必ず、彼女をゲットできます。


恋愛マニュアル本とかのテクニックは、
ここでいう基本が前提になります。


例えば、よく言われるテクニックで、
「まず誉めろ。とにかく誉めろ」とか、
「適当の話を振って、女性に悩みを話させ、後はそれを聞け」
とか色々あります。


俺はそういう会話のテクニックは非常に重要だと思うのですが、
それは今回書いた基本ありきでの話です。


だってそうでしょう?
女性と普通に会話もできない男が、女性の悩みを引き出して、聞くなんて
できるわけがないです。


階段を着実に上ることが大切なのです。


あと補足と確認しますが、今回言っている容姿とかコミュ力は最低限の話です。


妙に高く、ストイックにとらえないでほしい


別に高い次元のことは要求してません。
もちろん、高い次元にあれば、もちろんそれに越したことはないです・・・

でもそんなことは要求してません。


ここで求めているのは最低レベルです。


容姿は手っ取り早く改善できますが、
限界もすぐきます。
容姿なんてのは、先天的な部分が大きいですので、
それこそ整形でもしない限り、すぐ頭打ちになります。


それで良いのです。


とにかく、自分基準の良好な状態に持っていければよいわけです。
(ダイエットの場合は、努力で何とかなるわけだから、世の中の普通レベルは欲しいが。)

でも、そこまでの努力はしてほしいわけです。


また、コミュ力もナチュラルな会話ができるようになれば、
まずはそれでよいです。

でも、そこまでのコミュ力は必要です。


次回から、俺の大学時代のモテなかった時代(暗黒時代)を振り返り、何が駄目だったのか?
を考えていきたい。


友達のことを書いて自分のことを書かないのもどうかと思うし、
恋愛テクニックや戦略的なことは、
次回以降、書いていきたいと思う。


関連記事
暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 01
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 05 [非モテ男の婚活奮戦記]

前回記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 04


今回はダイエットを中心に、婚活男の体重変動と婚活での効果を語っていきたいと思う。



実は、俺は婚活男の相談になったときは、
かなり早い段階から口を酸っぱくして
「ダイエットしろ!ダイエットしろ!」と言い続けてきた。


医者から指導が入ったこともあり、
もともと彼は身長165センチ90キロの正真正銘の肥満体だったのだが、
一念発起して75キロくらいまではやせていたのである。

婚活をはじめて2~3年の頃である。


それだけで見合いなどでいきなり断られるケースは激減したそうである。


つまり、次のステージであるデート(もう一回会いましょう)に進める確率が、
劇的に上がったそうである。


165センチ90キロが75キロになったところで、 世の中的にはデブはデブである。

それでもこの効果なのである。



この結果を受けて、俺は確信した。


デブが10キロやせればすれば、恋愛偏差値は10上がると。



しかしながら、彼ははそれ以上のダイエットを行わなかったのである。


「75キロまで落として効果があったのなら、65キロまで落とせばかなりいけるんじゃないか?」


何度も更なるシェイプアップを進めたが、彼の返答はこうだった。


「太っていたら結婚できないというわけではないから。。。」


確かにそうである。
世の中には太っているが、結婚できている男はいっぱいいる。

彼のダイエットは、75キロに壁があり、つらかったのかもしれない。


しかし、効果の見え始めたことにガンガン突っ込んでいかなければ、
勝機を逸するのである。

俺は彼の婚活が長引いた一番の原因は、 75キロで満足してしまったことにあると思っている。



雑誌の恋愛特集などでは、
「太っている男が好きな女がいる」だの
「容姿よりコミュニケーション能力が重要」とか
「やっぱり容姿より性格」とか、

挙句の果てには、
「逆に太っていることを自分の売りにするトーク力を身につけろ」
などなど色々書かれている。

でも、こんな気休めを信じていては全く駄目である。


デブを好きな女なんて少数派の例外だ。
所詮、例外は例外なのだ。

大体、デブを補えるようなコミュ力や優しさがあるのなら、
やせていればもっとモテる。

デブを売りにできるトーク力なんて高等技術を身につけるより、
さっさとやせた方が絶対早いわけである。いや、マジで。


時は流れ、次に彼の体型が大きく変化するのは、
実に婚活6年目である。

そう、水泳ハマってからである。


水泳にハマってから、彼の体重自体は70キロ強くらいでそれ程下ったわけではない。

しかし筋肉がついたので、
ぶよっとしたデブから、ゴツイ感じに変わったのである。


体重自体はそれほど差がないので、ちょっとした差と思うかもしれない。
でも、前述したようにちょっとした差が大きな結果の差となるのが、 恋愛であり婚活である


その後、婚活男からの話は結婚という具体的なゴールを見据えた話が増えていった。

風向きが変わったのである。

そしていつの間にか結婚式の案内書が届くわけである。



次回、長々と書いてきた「非モテ男の婚活奮戦記」をまとめたいと思う。


関連記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 06
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 04 [非モテ男の婚活奮戦記]

前回記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 03


なぜ友人の婚活男は8年目にして、
結婚相手をゲットできたのだろうか?

今回の話はここからである。


ま、正確には7年目には出会っていたと思うので、
7年目にゲットしたといっても良いのかもしれない。


では、なぜ6年やってうまくいかなかったものが、
7年目に結果がでたのか?


言うまでもないが、婚活は長くやればやるほど不利である。


理由は年齢を食うからである。

はっきり言って、婚活市場における若さの価値は山よりも高い


女性はもっとシビアだと思うが、
男性も30前半と40手前ではスペックがほぼ同じなら、絶対年取った方が不利である。

いや、不利なんて生易しいものではない。


婚活市場において、31歳と39歳では同じ土俵に立てない。

年齢があがるにつれて年収が増えた程度では、ほとんど意味がない。


もっと明確な「何か」がプラスされないと、39歳では31歳に太刀打ちできないのである。


嫌な言い方だが、よほど相手のレベルを落とさないと6年やって駄目なものが、
7年目に報われるなんてことはありえないのである。


でも、婚活男はそんな妥協ができるほど、器用な男ではない。
純粋な男である。


では、どうして6年目に流れが変わったのか?


実は、彼は6年目にして新しい事を始めたのである。


何を始めたかというと。。。



水泳である。


この水泳を始めたのが非常によかった。
もっと正確に言えば彼は水泳を始めたというより、
水泳にハマッたのであるが。。。


前回、恋愛経験が乏しい人間は、
とにもかくにも女性とのコミュニケーションの経験値をつまなくてはいけないとお話した。
コミュ力の向上が急務であると。


でも、それと同じくらい重要で、もっと手っ取り早く効果をあげられることがある。


何か・・・・?



容姿の改善。 すなわちダイエットである。



恋愛や婚活において、容姿の向上は重要である。
というか、容姿を上げるのは手っ取り早い。
手っ取り早いにもかかわらず、効果が大きいのである。


髪の毛を切って、服を変えるだけでガラっと変わる奴も中にはいる。
ま、服装や髪型は異性目線でやらないと、全く逆効果の場合もあるのだが。。。


その点、ダイエットはやればやるだけ効果が出るのが良い。
デブのうちはそうだし、また、30以降の代謝の落ちたのメタボ男もそうである。
とにかくやればよいのであり、効果も1ヵ月後にはあらわれてくる。


別に10キロやせなくても、3キロやせるだけでも効果はある。


いや、もちろん、その人のデブさにもよるが、
3キロより10キロやせた方が良い。
絶対良い。


でも、何もしないより、3キロでもやせれば、
それだけでずいぶんすっきりするのである。


そして、その少しの差が大きな結果の差を生むのである。(恋愛カオス理論)


結局、恋愛の競争相手なんて、
ドングリの背比べである場合が多い。


だからこそ、少し良くすることが大切なのである。




次回は、婚活男の体重変動と婚活での戦果の関係を語っていきたいと思う。


関連記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 05
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の3件 | - 非モテ男の婚活奮戦記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。