So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2013年12月 |2014年01月 ブログトップ
前の3件 | -

暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 01 [大学時代彼女ができなかった理由]

「彼女がいない、この一点で人生崩壊」


秋葉原通り魔事件の加害者である加藤智大のセリフである。


加藤の犯行の原因が本当に彼女のいないことの僻みであったのか?なんてどうでもいい。

加藤智大、彼自身がどんな人生を歩んできたのかもどうでもいい。

もちろん加藤智大に同情する気も、共感する気も全くない。


俺が問題にしたいのは、
「彼女がいない、この一点で人生崩壊」というセリフだ。
このセリフの持つインパクトだ。

このセリフは、ある種の人間には強烈に突き刺さったことだと思う。

何を隠そう、俺もその一人だ。



秋葉原通り魔事件は2008年に起きている。
その頃は既に俺は結婚していたし、既に非モテは克服していた。


それでも、加藤のネットに書き込んだと言われる「彼女がいない、この一点で人生崩壊」
というセリフのインパクトは強烈だった。
強烈に俺の心をえぐった。
無視できずに、秋葉原通り魔事件について色々調べたりもしたものだ。


なぜ、それほどまでに俺の心に刺さったのか・・・・?


それは、俺が恋愛について悩みまくり、
追い込まれ絶望した経験があるからに他ならない。

大学時代、俺は彼女ができなかった。
高校時代までも彼女がいなかったので、大学卒業までは彼女がいなかったのだ。

大学院に進んで彼女ができるまでは、童貞だったのである。
そう、23歳まで童貞。


大学卒業まで彼女ができないことについて、皆様はどう思われるだろうか?
大したことないと思う方もいるかもしれない。


でも俺にとっては深刻な問題だったのである。


まさに「彼女がいない、この一点で人生崩壊」。
大学の3年生くらいからの2年間くらいは、俺は本気でそう思っていた。
「あー、俺は一生彼女ができないかもしれないな」
そう思ったりもしたものである。

周りの友達のほぼ全員に、彼氏、彼女がいて、
相手がいないのは俺くらいのものだった。

焦りに焦ったし、色々あがいてもみた。でも、彼女ができなかった。
どうすれば彼女ができるのかも分からなかったものだ。

当時の体験は俺にとってある種のトラウマであり、アラフォーの現在になるまで、
自分の非モテ期を振り返るなんてことは、とてもできなかった。
思い出したくもない過去だったのである。


ただ、こういうリアルな体験を振り返ってこそ、
他人に意味ある情報だろうと思うわけである。

アラフォーになって当時の傷も薄れてきたこともあり、
俺の大学時代の敗因分析をしていきたいと思う。

今回、お話しする内容は大学時代に絶対彼女(あるいは彼氏)を作ってやろう、
と思っている人には役に立つだろう。

また、自分ではそんなにモテないわけでもないと思うのに、
なかなか相手が見つからない人にも有益ではないかと思う。


ということで、早速書いていこうと思う。

まず、当時の俺のスペックは以下である。


・進学校の男子校から有名大学の理系に進学
・身長は175センチ 体重60キロ
・ルックス的に良くもないが、悪くもない普通レベル。
・基本的には社交的。女の子と話すことにも抵抗はない。
・サークル活動もしていた。


今の俺から振り返って、当時の俺は彼女がいてもおかしくはなかったと思う。

正直、前回の婚活男編で論じた「最低限の容姿」も「最低限のコミュ力」もクリア
していたと思う。

周りの友達からも「お前は彼女がいてもおかしくないんだけどね。」と、
上から目線で言われたものである。



ではなぜできなかったのか?


理由は以下である。


1.恋愛に妥協ができなかった。

好きな女(惚れた女)としか付き合えないというか、
とりあえず付き合ってみることができなかった。


2.出会いの数が足りてなかった。

詳細は後述するが、出会いを増やすには同性のネットワークが超重要である。
当時に俺にはそれがなかった。


3.コミュニケーションが下手。特に好きな女に対して下手。

最後はやはりコミュニケーションスキルである。
男子校→理系ということで女性へのアプローチが下手だった。
しゃべりかけることはできるが、話す内容が駄目という感じ。


今回のシリーズでは、上の3点について掘り下げて考察したいと思う。

ということで、続く。


関連記事
暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 02
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

『ごちそうさん』 悠太郎と亜貴子の浮気  ネタバレ注意 [ドラマ 映画]

男の浮気は永遠のテーマということで、
人気ドラマ『ごちそうさん』も来年早々のネタは、

悠太郎の浮気のようです。


『ごちそうさん』は『あまちゃん』の後を受けて始まったNHK朝の連続テレビ小説


俺も『あまちゃん』みていて、その流れで『ごちそうさん』も自動録画していたました。

で、ハマっちゃいました。

個人的には『あまちゃん』より好きですね。
視聴率も『あまちゃん』の時より良いみたいです。


で、その『ごちそうさん』ですが、12月28日に前半が終了しました。

昨日は第一部の最終回というような雰囲気で、
主演の杏が扮するめ以子とその夫の悠太郎(東出昌大)は、
まさに理想の夫婦であり、子供もできて幸せいっぱいな雰囲気でした。


しかし、来年の1月の放送は一転、悠太郎と幼馴染の亜貴子の浮気疑惑が
浮上するようです。

うーん、視聴者を揺さぶってくれますね。

幸せ絶頂の前半最終回から、いきなり夫の浮気ですからね。


ネットなんかみてると、ファンから怒りの声が出ていますね。

亜貴子や悠太郎に対するバッシングはもちろん、
脚本の森下氏への批判も多い。

なかには「撮り直せ!」との声もありましたね。笑。


月刊のテレビガイド(だったと思う)で放送のネタばれがされてましたので、 紹介しておきます。2chに内容が貼られていたので、抜粋して転載しておきますね。

以下、思いっきりネタバレです。


悠太郎仕事でもめて資材の下敷きになり、。亜貴子の病院に運び込まれる。若かりし頃の思い出が蘇る亜貴子、亜貴子が気になって罪悪感抱きつつ、悠太郎は朝から亜貴子の病院へ行く(→1/13の翌週へ持ち越し) (1/13放送→) 亜貴子から本音で話せる相手がいないと弱音を吐かれ、つい、毎朝病院に通う約束をしてしまった悠太郎。 そうとは知らないメイコは、悠太郎の大好きな牛すじカレーを作るなどかいがいしく働いていた。 そんな中、メイコは忙しい悠太郎のために現場に食事を差し入れることに。 (1/14放送→) 悠太郎の現場で亜貴子の姿を見かけ、彼女の病院に通うために悠太郎が毎朝家を早く出ていることを知っため以子は激しく動揺。源太から男の浮気のことは詳しく聞かない方がいいと言われ何も知らないフリをしようとするが、ついにブチ切れてしまう! しかし、悠太郎からは二人の間に過去に何があったかは絶対に教えることができないと言われ、め以子は不信感を募らせ… (1/15放送→) 悠太郎が病院に行くのをやめてからも、彼の浮気疑惑を消すことができず、不機嫌全開のめ以子。 そんな状態を見かねて詳しい話しを聞きに来た正蔵に、め以子は自分がいなければ悠太郎と亜貴子が結ばれたのではないかという本心を漏らしてしまう。 正蔵から慰められため以子は素直になろうとするのだが、その夜、悠太郎が寝言で亜貴子の名前を呼ぶのを聞いて再び撃沈!! (1/16放送→) ついに、め以子が悠太郎を西門家から追い出した。素直に出ていった悠太郎を連れ戻しに行った正蔵は、彼の亜貴子への思いを知り、しばらく悠太郎を放置することに。一方、め以子から話を聞いた桜子は、亜貴子に直接話しを聞くべきだと、メイコを連れて病院へ。 亜貴子と対面しため以子は、悠太郎がかつて亜紀子との駆け落ちに失敗したという事実を聞かされる。 (1/17放送→)昔よく通った店で亜貴子と遭遇した悠太郎は、誘われるがままに彼女の部屋へ。 お手製のカレーをごちそうになり、勢いで亜貴子を抱きしめてしまう!! その頃、亜貴子の話を聞いて落ち込んだめ以子は、部屋に立てこもり。 .(1/18放送→) 悠太郎が西門家に帰ってきた。亜貴子に"夫への愛を忘れられない"とフラれてしまったというのだ。 亜貴子の作ったカレーを食べて、め以子への愛を再確認したと素直に告白する悠太郎をめ以子はそれ以上責めることはできず、二人は元のさやに収まった。


最後の悠太郎が亜貴子にフラれて戻ってくるというのは、
本当にそうなるかどうか(フラれたと表現するのが正しいのか)疑問ですがね。

浮気相手にフラれてノコノコ戻ってきて、
嫁さんに正直に経緯を告白して許してもらうなんて、
都合のよすぎる話ですからね。笑。


ま、悠太郎と亜貴子がただの幼馴染以上の関係であることは、
前半で伏線を張られてました。

駆け落ちまで行った関係である以上、
今回の浮気は焼きボックリに火が着く直前までは行ったのかもしれないですね


ちなみに1月13日の週の題名は『今日でおわカレー』だそうです。

何がおわカレーだっつう話ですね。笑。


関連記事
『ごちそうさん』 悠太郎にみる男子の結婚観  ネタバレ注意
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

大沢樹生、16歳息子と「血縁関係」がなかった件  [結婚 親子]

今週、結構気になっていた話です。


元光GENJIの大沢樹生さんが、DNA鑑定の結果、
16年間育てた息子と「血縁関係」がなかったことが判明したらしい。


大沢樹生、16歳息子と「血縁関係」なかった!  検査結果の週刊誌報道は「事実」と認める


色々調べてみたんですが、
これはひどい話です。


かなり大沢樹生が気の毒に思います。


大沢氏の息子には障害があるそうで、
16年間、大沢氏は懸命に子育てをしてきたそうです。

親子の衝突もあったようですが、
大沢氏は父親であり続けようとしたようです。


並大抵のことではないと思います。


にもかかわらず、ここにきて血縁関係がないことが明らかになったわけです。

現実を受け入れられないだろうと思います。

ショックは大きいと思います。


同じ父親として自分に置き換えて考えてみると、
本当にありえない話ですね。

言葉が見つからないです。



対して、本件についての喜多嶋舞のコメントは、
いただけないですね。

引用すると、


喜多嶋は「少年を巻き込んだ報道に非常に憤りを感じております」と、実子問題を報じたメディアや大沢を批判。「親権を(大沢に)渡したことを後悔しておりましたが、本年9月17日に再度調停を行い無事親権を取り戻しました」と説明したが、問題の核心である、本当の父親についてはふれていない。 喜多嶋舞「少年を巻き込んだ報道に憤り」 元夫・大沢樹生の実子問題で怒り



はっきり言って逆ギレでしょう?
ありえないです。


普通、大沢氏に対して謝りませんか?
どういう神経してるんだって話です。


ま、でも父親と息子の関係は血縁関係がすべてではないです。
血縁関係よりも16年を共に生きた時間の方が重いと思います。


「赤の他人だった」とか書いている記事がありますが、
それはあくまでDNA上の話であって、
二人が親子である事実は揺るがないと思います。


息子のレイジ君はアメリカに渡り、
しばらく大沢氏と距離を置いて生活することになるようですが、
時間とともにわだかまりが溶けてほしいところですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の3件 | -
-|2013年12月 |2014年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。