So-net無料ブログ作成

暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 03 [大学時代彼女ができなかった理由]

前回記事
暗黒の大学生時代 俺に彼女ができなかった理由 02

俺の大学時代の敗因分析における今回のテーマは、


2.出会いの数が足りてなかった。


である。


いかに、出会いの数を増やすか?


これは英語の学習におけるボキャブラリーを如何に増やすか?
と同じように、恋愛における永遠のテーマである。

出会いのチャンスさえたくさんあれば、
多少のスペックが低くても何とかなるものである。

そりゃそうである。

単純な例を挙げれば、女を口説けば50%の確率で落とせる男も
年に1回しか出会いのチャンスがなければ、数年間彼女がいない
という状況も起こりえるわけである。

対して、女を口説ける確率が5%の男でも年に数10回の出会いがあれば、
数カ月で彼女ができてもおかしくないわけである。


要は数。


出会いの数こそが一番重要なのである。


では、出会いの数はどうしたら増やせるのだろうか?


女の子と出会えるサークルやバイトに属すことも有力な方法ではある。

しかし、これだけでは数として弱い。


サークルの場合、メンバーの変動は基本1年に1回である。

その時うまい具合に彼女を作れれば良いが、できなかった場合、
次の年に持ち越しである。

また、前回記事にも触れたことだが、サークルやバイトの場合、
特に待ちの姿勢が要求される。

ガツガツ行って、グループの和を乱すようなことは好まれないし、
そういうことをやっていると評判が下がる。

グループ内での評判が下がると、女は世間体を気にするので、
そのグループ内で彼女を作ることはどんどん難しくなる。

サークルやバイトはそこで彼女を作るぞと気合いを入れるより、
グループ内での活動や人間関係を良好にすることに力点を置き、
結果、彼女ができればよいくらいの気持ちでいる方が良いのである。

もちろん、チャンスがあれば行け!


では、その他の出会いはどうするのか?


非常にベタだと思うが、俺はやはりコンパが有力だと思う。

コンパは短期決戦だし、そもそも出会いが欲しいという人間が
集まるイベントである。サークルやバイトは必ずしも出会い目的で
参加している奴ばかりではない。

その点、コンパの名目は出会いなわけであり、目的は明快である。
(もちろん、彼氏付きの女も参加していたりするが。)

コンパでどのようなトークをしていけば良いかは次回以降に書くとして、
本日のポイントは、


如何にコンパに頻繁に参加できるか?


これである。


なんと言っても数。数が重要なのである。


そのために、重要なのが男のネットワークである。

コンパに誘ってもらえる友人関係が非常に重要になってくるわけである。


ここは本当に重要である。


特に理系にとっては生命線と言えるかもしれない。


なぜか?


文系はなんだかんだ言って、周りに女が多い。さらにサークルに参加すれば、
何もしなくても、それなりの女の子と仲良くなるチャンスが多いのである。

ある女の子と仲良くなれば、その友達の女の子とも仲良くなれるわけで、
そこからコンパとかグループで遊びに行くとか色々展開ができる。


対して、理系、特に工学部系は女の比率は10パーセントくらいである。少なく
とも俺の時代(20年くらい前)はそうだった。

周りが男だらけの状態の中で彼女を作ろうと思えば、やはり外に目を向ける
しかない。

そこで最も有力な方法が、コンパであり、男のネットワークなのである。


※余談だが、女の子は理系に進学すれば彼氏できやすいとは思う。工学部では
 ルックス普通レベルの女の子でも姫扱いされるからね。


だから、コンパで彼女を作ると言っても、いきなり女を追いかけるのではなく、
最初はネットワーク形成に注力する方が良い。

ある意味、女ではなく男を追いかけるのだ。


もう少し言えば、女を追いかけるにしてもいきなり彼女をゲットしようというのではなく、
女友達を作るくらいの気持ちで参加するのが良い。女友達を作れば、そこから次の
コンパという風にネットワークを広げていくことができるからである。

男のネットワークはギブアンドテイクなので、自分もコンパを作れるネタは持っておか
なくてはいけない。



そういう意味でも、大学で彼女を作ろうと思えば最初が肝心である

最初の段階で適当なグループに属すことができなければ、男のネットワークを形成
することは難しくなる。

サークル選びや友達作りなど、4月で大体勝負が決まってしまうのである。



ちなみにここで、俺の大学時代を振り返っておこう。


俺は1年目は入ったサークルをすぐ辞めたこともあり、一番大切な時間を無為
に過ごした。はっきり言って、大学生活を舐めていたのだたと思う。

思い直して、2年目にサークルに入ったが、夏休みくらいに告ってフラれた。その
後もサークルに属してはいたが、そこで彼女をみつけることはできなかった。

3年目からは基本1人でサークル以外でどうしたら彼女ができるか試行錯誤を
繰り返していた。

バイトやストリートナンパなどもやってみたが、結局大学時代に彼女はできなかった。


その時の俺の結論は、やはりネットワーク形成が大事ということだった。


そこで、大学院で他大学に進学した際に最初の数カ月ネットワーク形成に励んだ。
かなりテンションを上げて、アクティブに活動した。

すると、紆余曲折はあったが、半年後には自分でもびっくりするほどカワイイ彼女
ができたのである。



翻って、もし今、俺が最ももがいていた大学3年生だったらどうするだろうか?


俺の時代はなかったが、やはりネットをフルに活用すると思うが、この話題は
もう少し後にすることにしようと思う。


次回は、女と話す内容である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。