So-net無料ブログ作成
検索選択

ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 05 [非モテ男の婚活奮戦記]

前回記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 04


今回はダイエットを中心に、婚活男の体重変動と婚活での効果を語っていきたいと思う。



実は、俺は婚活男の相談になったときは、
かなり早い段階から口を酸っぱくして
「ダイエットしろ!ダイエットしろ!」と言い続けてきた。


医者から指導が入ったこともあり、
もともと彼は身長165センチ90キロの正真正銘の肥満体だったのだが、
一念発起して75キロくらいまではやせていたのである。

婚活をはじめて2~3年の頃である。


それだけで見合いなどでいきなり断られるケースは激減したそうである。


つまり、次のステージであるデート(もう一回会いましょう)に進める確率が、
劇的に上がったそうである。


165センチ90キロが75キロになったところで、 世の中的にはデブはデブである。

それでもこの効果なのである。



この結果を受けて、俺は確信した。


デブが10キロやせればすれば、恋愛偏差値は10上がると。



しかしながら、彼ははそれ以上のダイエットを行わなかったのである。


「75キロまで落として効果があったのなら、65キロまで落とせばかなりいけるんじゃないか?」


何度も更なるシェイプアップを進めたが、彼の返答はこうだった。


「太っていたら結婚できないというわけではないから。。。」


確かにそうである。
世の中には太っているが、結婚できている男はいっぱいいる。

彼のダイエットは、75キロに壁があり、つらかったのかもしれない。


しかし、効果の見え始めたことにガンガン突っ込んでいかなければ、
勝機を逸するのである。

俺は彼の婚活が長引いた一番の原因は、 75キロで満足してしまったことにあると思っている。



雑誌の恋愛特集などでは、
「太っている男が好きな女がいる」だの
「容姿よりコミュニケーション能力が重要」とか
「やっぱり容姿より性格」とか、

挙句の果てには、
「逆に太っていることを自分の売りにするトーク力を身につけろ」
などなど色々書かれている。

でも、こんな気休めを信じていては全く駄目である。


デブを好きな女なんて少数派の例外だ。
所詮、例外は例外なのだ。

大体、デブを補えるようなコミュ力や優しさがあるのなら、
やせていればもっとモテる。

デブを売りにできるトーク力なんて高等技術を身につけるより、
さっさとやせた方が絶対早いわけである。いや、マジで。


時は流れ、次に彼の体型が大きく変化するのは、
実に婚活6年目である。

そう、水泳ハマってからである。


水泳にハマってから、彼の体重自体は70キロ強くらいでそれ程下ったわけではない。

しかし筋肉がついたので、
ぶよっとしたデブから、ゴツイ感じに変わったのである。


体重自体はそれほど差がないので、ちょっとした差と思うかもしれない。
でも、前述したようにちょっとした差が大きな結果の差となるのが、 恋愛であり婚活である


その後、婚活男からの話は結婚という具体的なゴールを見据えた話が増えていった。

風向きが変わったのである。

そしていつの間にか結婚式の案内書が届くわけである。



次回、長々と書いてきた「非モテ男の婚活奮戦記」をまとめたいと思う。


関連記事
ネバーギブアップ 婚活! 非モテ男の婚活奮戦記 06
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。